認定エステティシャン養成制度

AEA認定校とは

 講師(AEA認定講師)の所属数が、当協会の定める基準を満たしており、教育カリキュラム、教育環境・立地、施設・設備、什器・備品等が、当協会の定める基準を満たしているエステティシャン養成施設のことをいいます。

 AEA認定校では、豊富な経験と最新の知識と技術を保有する「AEA認定講師」の指導の下で、当協会が編纂したテキストとカリキュラムによって授業が運営されており、エステティック全般の知識と技術を総合的に効率よく習得することができるため、そこで学ぶ人材は、即戦力レベルとして通用するエステティシャンとして業界へ就職しています。

 また、当協会はエステティックサロンを経営する法人を会員とする団体ですから、AEA認定校で教育を受けた人材の「就職」における優位性は言うまでもありません。


認定基準(1)

AEA認定校は、その教育カリキュラム、環境・立地、施設設備、什器・備品等が、当協会の定める一定水準を満たしていることとし、下記の項目を認定基準の対象としています。

審査対象 認定基準
環境・立地 教育施設としてふさわしい体裁及び調和が取れていること
教室 教育施設としてふさわしい体裁及び調和が取れていること
事務室(職員室) 事務スペースを別に確保していること
生徒数 生徒定員数が6名以上であること(実技授業を同時に行う場合:上限40名)
給排水、給湯設備 実技授業をスムーズに行う為の適切な給排水・給湯設備を有していること
消毒・衛生設備 (財)日本エステティック研究財団の定める エステティックの衛生基準 に準拠していること
照明・空調 授業を実施するにあたり、十分な照明と空調設備を有していること
防災・避難 消防法に基づいた防災設備及び避難誘導設備を有していること
機器・用具・用材・備品等 それぞれ一定以上を備えていること 
※下図の認定基準(2)(什器・設備等)を参照
教育カリキュラム 基礎、フェイシャル、ボディ、脱毛、選択の各科目理論と実技を行うこと
教材 当協会が定める教材を使用すること
講師
【認定講師最低必要数】参照
AEA認定講師及び認定講師のアシスタントの人数が下記の条件を満たしていること
〔講義〕常勤または常勤に準ずるAEA認定講師が1名以上
〔実技〕生徒1名 〜10名に対し1名以上の常勤または常勤に準ずるAEA認定講師
但し、生徒11名以上の場合はAEA認定講師に加えて認定講師のアシスタントでも可とする
入学資格 高等学校卒業者もしくは同程度の学力を有する方
但し、認定高等学校の場合は当該学校の入学資格による

■認定講師最低必要数

実技生徒数
(1クラス)
AEA
認定講師数
AEA
認定講師のアシスタント
必要講師
総数
6名〜10名 1名 不要 1名
11名〜20名 1名 1名 2名
21名〜30名 1名 2名 3名
31名〜40名 1名 3名 4名

認定基準(2)(什器・設備等)

AEA認定校は、その教育カリキュラム、環境・立地、施設設備、什器・備品等が、当協会の定める一定水準を満たしていることとし、下記の項目を認定基準の対象としています。

什器・備品等 認定基準
給排水湯設備 10ベッドに1シンク以上
配線(コンセント) ベッド数×2 以上
消毒室(コーナー・収納庫) 1室(1基)以上
消毒用機器 10ベッドに1台以上
ロッカーまたは収納棚 授業定員数(専用)
更衣室 生徒数に応じた更衣室を有すること
講義用机・イス 授業定員数(専用)
ベッド数 授業定員の2分の1
フェイシャル機器 必要数
ボディ機器 必要数
ワックスヒーター 5ベッドに1台以上(レンジ用溶解剤可)
ワゴン 1ベッドの1台以上
ホットキャビネット 5ベッドに1台(10本以上収納)以上
ゴミ箱 各ベッドに1個、および教室に可燃用・不燃用(共にフタ付き)各1個
メイク用鏡 授業定員の2分の1

※消毒剤、タオル類、化粧品類、その他の用具・用材を収納できる棚(扉付)を設置すること
また、必要に応じて収納用備品は適宜、設置すること


このページのトップへ