AEA認定エステティシャン認定試験

日本エステティック試験センターについて

2010年6月、一般財団法人日本エステティック試験センターが設立され、「エステティシャンセンター試験」が同年11月よりスタートいたしました。この「エステティシャンセンター試験」は、養成校カリキュラム300時間履修相当を対象とする試験であり、当協会も同試験センターに「登録養成団体(※)」として参画しています。
 エステティシャンセンター試験に合格した方は、同試験センターの登録養成団体である当協会へ登録申請することで、AEA認定エステティシャン資格を取得することができます。また、AEA認定エステティシャン資格を取得後、一定期間の実務経験を積み、当協会の「AEAエステティシャン認定試験(筆記・実技)」に合格することで、上位資格を取得することが可能です。

このエステティシャンセンター試験は、養成校カリキュラム300時間履修相当の試験であり、養成校カリキュラム1,000時間履修相当の「AEA上級認定エステティシャン」及び「AEAインターナショナルエステティシャン」の認定資格試験については、当協会独自のAEAエステティシャン認定試験として従来通り継続いたします。

(※)登録養成団体とは、当協会及び、一般社団法人日本エステティック協会の2団体を指します。(2012年5月現在)


「1日講習会(既存資格者対象)」の実施(2012年12月31日まで)

 既に当協会の資格を保有されている方で、試験センターが主催する「1日講習会」を受講し、確認テストに合格することで、「エステティシャンセンター試験」合格と同等以上とみなされ、一般財団法人日本エステティック試験センター及び、認定NPO法人日本エステティック機構(JEO)へ登録の上、認証マーク入りの合格証書が試験センターより発行されます。また、この確認テストに合格することで、当協会の認定資格をお持ちでない方は、当協会へ登録申請することで、AEA認定エステティシャン資格を取得することができます。詳しくは、「確認テスト合格者の皆様へ(pdf)」をご覧下さい。
 なお、この「1日講習会」は2012年12月31日までの移行措置経過期間に於いてのみ実施され、2013年以降は実施されませんのでご注意下さい。


【重要】移行措置期間について(2012年12月31日まで)

 現在、300時間相当の履修を対象とする「AEA認定エステティシャン」資格の認定試験は、当協会が主催する「AEAエステティシャン認定試験」と、試験センターが主催する「エステティシャンセンター試験」との併用期間中ですが、2013年1月1日以降、この300時間相当の履修を対象とする試験は、日本エステティック試験センターの試験に一本化されます。
また、既存資格者を対象とする「1日講習会」も移行措置期間中(2012年12月31日まで)にのみ限定開催され、2013年は実施されません。


このページのトップへ